お知らせ

【1096号徳洲新聞】ダイジェスト

吹田徳洲会病院は7月1日、難治眼疾患にも対応可能なアイセンターを開設。関西の眼科のリーディング病院である多根記念眼科病院から前院長、前副院長含め眼科医4人を招聘し、眼疾患にかかわりの深い形成外科、耳鼻咽喉科も同時にオープン。最新鋭の検査・手術機器を用い、近視矯正から難治眼疾患の診療まで幅広く対応。


第7回肺がん研究会・第5回呼吸器部会症例検討会が7月8日、徳洲会オンコロジー(腫瘍学)プロジェクトの一環で、中部徳洲会病院(沖縄県)を会場に開催。徳洲会グループの呼吸器診療の質の向上が狙い。肺がんや誤嚥性肺炎、薬剤性肺障害など幅広い内容の症例検討11演題の発表に加え、診療経験豊富な3人の講師が教育講演を実施。


仙台徳洲会病院は7月にスキンケア外来を開設。ストーマ(人工肛門や人工膀胱など)ケアや褥瘡ケアを中心に、江口かつら皮膚・排泄ケア認定看護師が担当する。退院後の患者さんのQOL(生活の質)向上をサポートするのが目的。

徳洲新聞 注目記事