お知らせ

【1105号徳洲新聞】ダイジェスト

厚生労働省は10月19日、第63回先進医療技術審査部会を開き、東京西徳洲会病院が申請した修復腎移植術について審議、同移植術を先進医療に条件付きで適用することを決めた。これを受け徳洲会グループは、同部会で出された条件をクリアし、同移植術への先進医療の正式適用を目指す。

徳洲新聞 注目記事


札幌徳洲会病院は瀬戸内徳洲会病院の看護師、薬剤師、管理栄養士を迎えNST(栄養サポートチーム)研修を実施した。同研修は日本病態栄養学会が「栄養管理・NST実施施設」を認定するために必要な臨床研修。札幌病院は2010年に研修施設に認定された。


湘南厚木病院はフランスにある複数の病院の院長や経営幹部など28人からなる視察団を受け入れた。視察の目的は、同院が導入している人型ロボットPepperの活用方法の調査。同院は外来棟の1階ロビーにPepperを配置し、来院者向けの各種案内やロビーコンサートでの司会、疾患啓発など、さまざまな場面で活用している。