お知らせ

【1108号徳洲新聞】ダイジェスト

名瀬徳洲会病院は11月3日、奄美大島で開院20周年記念座談会を開催。鈴木隆夫・医療法人徳洲会理事長、東上震一・医療法人徳洲会副理事長、奄美群島内の徳洲会グループ医師ら15人が参加。離島医療の現状や未来について意見を交わした。その後、記念式典・祝賀会も挙行。徳洲会職員だけでなく、行政や名瀬健康友の会など215人が出席。

名古屋徳洲会総合病院は9月16日、第4回春日井心臓血管セミナーを開催。同院の心臓血管外科発足20周年を記念し、天皇陛下の心臓手術を執刀した順天堂大学医学部の天野篤・心臓血管外科教授兼同附属順天堂医院院長、東海地方で循環器治療に尽力するメディカルパーク今池の平山治雄院長らを招聘。狭心症治療の変遷と最新のトピックスを学んだ。

一般社団法人徳洲会(社徳)給食事業部は10月13日から2日間、都内で第1回全国責任者会議を開催。同事業部は4月に株式会社ダイエタリーケア(給食委託業務)が社徳に業務移管され発足。移管後初の開催で、全国から給食を提供する調理師や栄養士が参加。

徳洲新聞 注目記事