病院情報の公表

平成28年度 大和徳洲会病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 5 2 6 11 24 39 73 27
当院は、平成27年4月より病院建替え工事により仮設病院にて運営ですが、急性期医療病院として地域医療に力を入れております。
現在、内科系のみの入院診療体制となっており、地域社会の高齢化を反映し、全体の約74%が70歳以上の高齢者で、中でも80歳代が突出して多くなっております。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081××99×00× 誤嚥性肺炎 21 34.38 21.25 38.1 80.67
110310××99××0× 腎臓または尿路の感染症 21 21.43 12.43 14.29 77.57
050070××99000× 頻脈性不整脈 16 19.25 7.82 12.5 77.44
150010×××××0×× ウイルス性腸炎 10 12.7 5.50 10 69.8
080011××99×××× 急性膿皮症 9 19.78 11.97 0 79.89
70歳以上の高齢者が多く、誤嚥性肺炎・尿路感染症・心不全・胃腸炎・蜂窩織炎等を主病とする割合が高くなっており、平均在院日数も全国の平均在院日数と比べ、2~4週間と長期間となる傾向があります。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌
大腸癌
乳癌
肺癌 2 1 7
肝癌
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
当院は、平成27年4月より病院建替え工事により仮設病院にて運営の為、手術を行っておりません。他院への紹介や継続的緩和治療の対応を行っております。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 4 9.75 49
中等症 10 21.9 83.9
重症 4 46.5 82
超重症
不明
高齢者の入院が多いという背景もありますが、中等症以上の患者様の割合が高く、平均年齢も80歳を超えております。
また、重症度が増すに連れて、在院日数も長期間に及ぶ傾向があります。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内
その他
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内
その他
I63$ 脳梗塞 3日以内
その他
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内
その他
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内
その他
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内
その他
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内
その他
当院は、平成27年4月より病院建替え工事により仮設病院にて運営の為、脳神経外科の標榜及び専門医の勤務がございませんので、現在は脳神経外科系の患者様の受け入れは行っておりません。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
当院は、平成27年4月より病院建替え工事により仮設病院にて運営の為、手術室を完備しておりませんので、平成28年度の手術実績はありません。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一
異なる
180010 敗血症 同一
異なる
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる
180040 手術・処置等の合併症 同一
異なる
当院は、平成27年4月より病院建替え工事により仮設病院にて運営の為、手術及び処置を行っておりませんので、平成28年度の合併症発生症例はございません。
更新履歴