腎臓内科 / 透析センター

透析センターについて

当院では、日本透析医学会透析液水質基準内の全く無菌の透析液(超純粋透析液)を透析治療に使用しています。

また、従来のHD(血液透析)やオフラインHDF(血液濾過透析)だけではなく、オンラインHDFやI-HDF(間歇補液)といった治療法を用意することで、患者様が受けられる透析治療の幅を増やしております。

血液透析(HD)と血液濾過透析(HDF)

血液浄化法には、大きく分けて「血液透析(HD)」「血液濾過透析(HDF)」の2種類があります。

血液濾過透析(HDF)とは

オンラインHDF

血液透析に、極めて清浄な20~80Lの透析液による大量補液(透析液を体に補う事)をしながら血液濾過を付け加えた、最も体に負担の少ない生理的な治療法です。透析装置内から透析液を分流させ、ヘモダイアフィルターという特殊な膜を使い、ヘモダイアフィルター前で透析液を入れる濾過方法で、国から認可された高度な透析装置でしか行えない治療法です。

オンラインHDFの治療効果

オンラインHDF(血液濾過透析)とは、透析アミロイドーシスの原因であるβ2-ミクログロブリンの除去に優れており、体への負担が少ない生理的な治療法です。

これにより、低血圧や動悸、気分不良等といった透析の継続が治療が難しい透析困難症の患者様に対しても安定した治療を行うことが可能です。
また、透析患者様による痒みの改善や、レストレスレッグ症候群(足がむずむずする、痙攣、かきむしりたくなるといった症状)にも効果があると報告されています。

オンラインHDFの詳細はこちら

オフラインHDF

オフラインHDFと異なり、プラスチックバッグ内に入った4~10L程度の専用補液をヘモダイアフィルター後の回路に入れ、取り出した血液から補液分を濾過します。血液が薄まっていない状態で濾過を行うので、より大きいサイズの毒素を除去することに優れています。しかし、国の取り決めで使用できる補液の量が決まっているので、大量補液は行えません。

オフラインHDFの詳細はこちら

間歇補液療法(i-HDF)

通常の血液透析に一定時間ごとに100~200mLの補液を行い、通常の除水に補液分を上乗せして除水を行っていく治療法です。

I-HDFの治療効果

I-HDF(間歇補液療法)とは、通常の血液透析に一定時間ごとに補液を行い、通常の除水に補液分を上乗せし除水を行う治療法です。

治療中における血圧低下予防に効果があり、末梢の循環を改善すると共に筋肉の痙攣を予防します。
また、人工腎臓の目詰まりの改善に効果があり、各尿毒素の除去効率が上がります。

I-HDF(間歇補液療法)の詳細はこちら

血液透析(HD)とは

血液透析は、ダイアライザーという人工腎臓内の半透膜を介し、「拡散」といわれる原理で治療を行います。

血液透析(HD)の詳細はこちら

シャントを含む全身状態のケア

血液透析で大切なシャントをできるだけ長く安全に使用できるよう、当院ではVAIVT(バイブト)※1などの血管内治療を行っています。
また、入院透析や透析中の栄養補給やフットケアなど、さまざまな状況に対応しています。

1 VAIVT(Vascular Access Interventional Therapy:経皮的血管拡張術)とは、血管内に風船(バルーン)を入れてシャントの狭くなったりつまったりした部分を拡張する方法です。

透析患者様向けのサービス

待合ラウンジ

当院では待合ラウンジをご用意しております。
患者様やご家族様のお待ち合わせやお食事の場として快適にお過ごしいただけけるよう、広くゆったりとした作りとなっております。

待合ラウンジ

無料送迎サービス

血液透析では、患者様の多くにひと月あたりおよそ13回前後の通院をしていただくことになります。
そのため当院では、ご自宅から当院までの無料の送迎サービスを行うことで、通院の負担軽減をお手伝いしております。
詳しくは透析センターまでお問い合わせください。

無料送迎サービス

無料の液晶テレビ完備

当センターの全てのベッドに、無料の液晶テレビをご用意しております。
治療時間中、自由にご視聴いただくことが可能です。

液晶テレビ

お食事のご用意(※有料)

ご希望の透析患者様にはお食事をご用意しています。
当院の管理栄養士が考えた、バランスの良い透析食メニューをご提供します。

体調不良時の入院

慢性腎不全における透析療法は、長くお付き合いしていたただくことになる治療となります。
長期間治療していく中で、体調が悪化する可能性があります。
万が一そのような事態になった場合、当院では入院していただくことも可能です。

体調不良時の入院

外来担当表

2018年11月

午前 担当医(予約制) 担当医(予約制) 担当医(予約制) 担当医(予約制) 担当医(予約制) -
午後 担当医(予約制) 担当医(予約制) 担当医(予約制) 担当医(予約制) 担当医(予約制) -

青字の数字は医師が診療にあたる日です。

外来担当表一覧はこちら

医師インタビュー

医師インタビュー 灰塚 尚敏

医師紹介

灰塚 尚敏(はいづか ひさとし)腎臓内科 部長

専門分野

  • 腎臓内科

経歴

  • 帝京大学卒

専門医・認定医等

  • 日本内科学会認定医/専門医
  • 日本腎臓学会専門医
  • 透析医学会専門医
  • 医学博士
中島 豊(なかじま ゆたか)非常勤

経歴

  • 昭和大学卒

専門医・認定医等

  • 日本内科学会認定医/専門医
  • 日本腎臓学会専門医
  • 透析医学会認定医/指導医
  • 医学博士
谷本 修二(たにもと しゅうじ)非常勤

経歴

  • 徳島大学卒

専門医・認定医等

  • 透析医学会専門医/指導医
  • 日本泌尿器科学会専門医/指導医
  • 日本がん治療認定医機構がん治療認定医
  • 泌尿器内視鏡技術認定医
  • 医学博士