形成外科

外来担当表

2020年10月

午前 有馬
廣冨 有馬

- 廣冨 廣冨

青字の数字は医師が診療にあたる日です。

外来担当表一覧はこちら

概要

形成外科は、皮膚や皮下の腫瘍、きずあと(ケロイドや肥厚性瘢痕)、外傷(ケガや火傷)、顔面の骨折、眼瞼下垂症をはじめ、皮膚や体表の形に関わる様々な疾患を扱います。機能だけでなく形にもこだわった外科治療を専門とする診療科です。美容治療(保険外診療)についても相談可能です。

主な疾患

  • 皮膚腫瘍(ほくろなどできもの)
  • 皮下腫瘍(脂肪腫など皮下のできもの)
  • 外傷(けが)、熱傷(やけど)
  • 顔面骨折(頬骨、鼻骨)
  • 眼瞼下垂症
  • 眼瞼内反症、睫毛内反症(逆さまつげ)
  • 涙道疾患(流涙)
  • ケロイド、傷跡治療
  • 陥入爪(まきづめ)、爪の変化
  • 美容治療(準備中)

医師紹介

廣冨 浩一(ひろとみ こういち)形成外科部長
廣冨 浩一

経歴

  • 山梨医科大学卒

専門医・認定医等

  • 日本形成外科学会専門医/指導医
有馬 樹里(ありま じゅり)非常勤

専門分野

  • 形成外科

経歴

  • 独協医科大学卒

専門医・認定医等

  • 日本形成外科学会専門医